借入があっても申し込めるおまとめローン

一般的に、他社からの借入があるとローン審査で不利になります。消費者金融では総量規制がかかるので、年収の3分の1までしか借りることができません。例えば、年収600万円の人がすでに200万円を借りていたら、まだ生活に余裕があったとしても、法律的にそれ以上は借りることができません。銀行では総量規制はかかりませんが、やはり他社からの借入が多いと審査で不利になります。しかし、おまとめローンは総量規制から除外されているので、他社からの借入が多くても申込みができます。

おまとめローンでおすすめなのは、やはり銀行や信用金庫のローンです。銀行ではおまとめローンという専用の商品はありませんが、カードローンやフリーローンがおまとめ目的で利用できます。他社からの借入があっても申し込めるものですが、やはり借入件数は少ないほうが有利になります。例えば、同じ100万円を借りている状態でも、4社から25万円ずつ借りているよりも、2社から50万円ずつを借りているほうが有利になるようです。おまとめローンの審査に申し込む前に、整理できる借金はないか確かめておきましょう。

銀行では、クレジットカードのショッピング枠もおまとめの対象とすることができます。リボ払いの手数料にもよりますが、メリットがあるようなら対象にしましょう。住宅ローンを借りている、給料振込の指定口座にしているといった特定の条件を満たしていれば、優遇金利が適用されることもあります。すでに取引をしている銀行は優先的に検討してみましょう。
おまとめローン審査が通りやすいところはどこ?おすすめはココだ!はこちら